[フシグロセンノウ]林の中で5枚の花びらが迎えてくれます|ナデシコ科マンテマ属|エバーグリーン

user   2020年7月16日   [フシグロセンノウ]林の中で5枚の花びらが迎えてくれます|ナデシコ科マンテマ属|エバーグリーン はコメントを受け付けていません

今回は少し変った名前の「フシグロセンノウ」を紹介します。

茎が直立して上部が枝わかれし、50〜80cmの高さになります。節(ふし)は黒褐色でやや膨らんでおり、それが和名の由来になっています。ナデシコ科マンテマ属の多年草で山地の林の下などに生え、本州から九州に分布します。

フシグロセンノウの群生

フシグロセンノウの群生

 

葉身は卵形又は長楕円状披針形をしており、長さ5〜14cm、幅2.5〜5cm程度です。葉先は尖っており基部は細くなっています。葉脈上とふちに毛が生えています。

花期は7〜10月といわれていますが、「乙女湖ロードやその周辺」では8月に入ってからが見ごろになります。枝分かれした茎の頂部に数個まばらに付きます。萼は長円筒形で長さは2.5〜3cmです。花弁は5個あり直径約5cmで朱赤色をしています。花弁の舷部は広倒卵形で、ほぼ全縁です。

フシグロセンノウの節

フシグロセンノウの節

花弁

花弁

 

フシグロセンノウは、日当たりの良い草原よりも少し日差しを遮(さえぎ)ってくれる林の下などでよく見かけます。葉っぱや茎に毛が生えており、手触りを楽しめる野草の一つです。香りを確かめるときは、植物の負担にならない程度にそーっと触れてみてください。なにか新しい発見が生まれるかもしれません!

 

山梨市森林セラピー推進協議会 森林セラピスト / 四十物治夫(あいものはるお))


 

花弁