夏休みに使える! ハーブの虫よけスプレーの作り方

user   2016年7月30日   夏休みに使える! ハーブの虫よけスプレーの作り方 はコメントを受け付けていません。

最近、ジカ熱やデング熱など、蚊による感染症の話をよく耳にしますね。ガーデニングが趣味の方にとっては、近くに蚊がいるのは日常のこと。蚊よけ対策は必須です。

蚊の対策には、市販の虫よけスプレーも役立ちますが、なるべくなら自然の力で蚊を寄せ付けない工夫をしたいもの。ハーブの中には、そんな虫よけの効果を持つものがあります。

たとえば、レモングラススペアミントラベンダーローズマリーなど。どれも香りの強いハーブですが、蚊は、どうやらこの香りが苦手なようです。ハーブを使えば、手作りの虫よけスプレーも手軽に作れますよ。

 

ハーブで手作り「虫よけスプレー」の作り方

いろいろな作り方があるようですが、今回は、私流のかんたんな虫よけスプレーの作り方をご紹介します。

(材料)

  • スペアミント、ラベンダー、ローズマリー、それぞれ20センチほどの長さを2~5本
  • お湯500cc
虫よけスプレーの材料(ラベンダー、スペアミント、ローズマリー)

虫よけスプレーの材料(ラベンダー、スペアミント、ローズマリー)

(作り方)

  1. 沸騰させたお湯に、5センチほどの長さに切ったハーブを入れます。
  2. そのまま2時間放置して、その後ハーブを取り出します。
  3. 残った抽出液を瓶などに移して完成。
沸騰させたお湯に入れてハーブを放置するだけ

沸騰させたお湯に入れてハーブを放置するだけ

(使い方)

使う分だけスプレーボトルに入れて使います。効果は、あまり長続きしないので、ガーデニングなどの作業をするときは、こまめにスプレーします。なるべく1週間くらいで使い切ってください。小さなお子さんにも安心してお使いいただけますが、まずはパッチテストをして肌に合うか確認してからお使いくださいね。

私の場合は、この虫よけスプレーで、ガーデニング中もあまり蚊に刺されなくなりました。費用がかからないし、香りもさわやかなので、気前よくせっせとスプレーしているからかもしれません。ほかにもハーブで虫よけする方法、オススメサイトでご紹介しておきます。夏休み、お子さんとお出かけするときなどにも、ぜひ試してみてくださいね。

 

エバーグリーン編集部オススメサイト

  • 広島でハーブ&フィトセラピー(植物療法)講座を行う料理研究家の椋木まこさんのレシピです

上手にハーブを使いましょう~虫よけスプレー~(ちゅーピーママ・まこのハーブワールド)

  • 滋賀のハーブ苗専門店「グリーンスポットデン」でんさんの虫よけ法は…

 ミントで蚊よけ(Youtube)

 

(エバーグリーン編集部 まえだ)

 


沸騰させたお湯に入れてハーブを放置するだけ