秋に始める冬の彩り支度。種から育てるパンジー&ビオラ「花づくり講座(5)」

user   2016年9月7日   秋に始める冬の彩り支度。種から育てるパンジー&ビオラ「花づくり講座(5)」 はコメントを受け付けていません。

広島市の公民館で開催されている「花づくり講座」。今年度5回目となる今回は、パンジービオラの種蒔きです。パンジーやビオラといえば、花の少ない冬の間から、カラフルに庭先を彩る人気の花。ガーデニング初心者でも育てやすいのも魅力のひとつです。

 

パンジーとビオラの違い

パンジーとビオラは、花のサイズが違うだけで、実は同じもの。花が大きいものをパンジー、小さいものをビオラと呼んでいます。最近は、色だけでなく模様や花びらの形状などデザインも多様で、好みの雰囲気に合わせて選べるのがうれしいですね。

パンジー

パンジー

今回、私が蒔いた種は、ビオラF1ビビ・クリアホワイト(タキイ)という種。上品な色とシンプルなデザインのかわいらしい花が魅力的です。

今回蒔いたビオラの種

今回蒔いたビオラの種

パンジーやビオラの発芽の適温は、20~25℃。講座の行われた8月下旬の広島は、「まだ暑いのでは?」という気温でしたが、夜明け頃の気温は22度以下になっているので、大丈夫とのこと。この頃に種蒔きをすると11月中旬から6月初旬まで花を楽しめるようです。

 

ビオラの種の撒き方

種蒔きの手順は、ペチュニアのときとほぼ同じ(「花づくり講座(1)」の記事を参照ください)。ペチュニアほどではありませんが、パンジーやビオラは、種がとても小さいのです。折り目を付けた白い紙の上に種を出し、指先でトントンと叩きながら、育苗ポット全体に種を蒔きます。蒔いた種の上に、紙コップなどを使い2ミリほどの厚さで土をかけたら、霧吹きで土を湿らせます。

ペチュニアの時と違うのは、今回は、種を蒔いた育苗ケースにラップや新聞紙などはかけなくてよいということ。温度を高く保つ必要がないからです。ただし、乾燥しやすいので注意が必要。土の表面が白く乾いていたら、こまめに霧吹きで濡らします。また、パンジーやビオラの発芽には、多少の光が必要なので、真っ暗な場所に置くと発芽しません。

種蒔き後、発芽するまでは、家の中で管理します。発芽後は、朝の光から少しずつ太陽光に慣らして、1週間過ぎころから戸外に置きます。気温が上がりすぎたり乾燥したりするので、建物の北側など涼しい場所がよいそうです。

ビオラ

ビオラ

1ヶ月もすると本葉が2~3枚になるのでポット上げをし、ポットに根が回ってきたら、プランターや庭に植え替えます。寒さが気になる頃には、真っ白いビオラがいっぱい花をつけてくれることでしょう。

11月の花づくり講座では、受講生がそれぞれ育てたほかの色のパンジーやビオラと組み合わせて、寄せ植えを作る予定です。いろいろな色の種が入ったミックスの種を購入すると、一袋蒔くだけでも寄せ植えができますよ。寒い冬は苦手ですが、自分で種を蒔いて育てた花で寄せ植えが楽しめると思うと、今から楽しみです。

 

ビオラの花言葉:「誠実」「信頼」「忠実」「少女の恋」

 

 

エバーグリーン編集部オススメサイト

  • 種類が豊富で、選ぶのに迷ってしまいます。

パンジーの種(タキイネット通販)

ビオラの種(タキイネット通販)

  • 花よりスイーツ!? 花が咲いたら試してみたい!

 スミレの砂糖漬け(Cookpad)

  • パンジーやビオラは押し花作りにもおすすめ。

 簡単な押し花の作り方(VERANDAHER)

 

(エバーグリーン編集部 まえだ)

 


ビオラ