一年中花が咲く多肉植物~ハナキリン(花麒麟)~

user   2016年11月23日   一年中花が咲く多肉植物~ハナキリン(花麒麟)~ はコメントを受け付けていません。

初めまして、千葉大学花卉園芸学研究室の修士2年任倩玉です。

将来、花卉園芸業界で活躍するためには、植物の学名や科名、日本語の名前などを覚えることが不可欠だと思い、現在「花産業必修1000属検定」を勉強中です。植物には人の心を癒す力があります。多くの方に植物のその魅力を伝えるために、エバーグリーンポストで記事を書かせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

小さな花を咲かせる多肉植物

最近、よく耳にする多肉植物。サボテンやトウダイグサ科の植物などに代表される、肉厚な茎や葉に水を貯めることのできる植物の総称です。

今回は、その中からトウダイグサ科ユーフォルビア属の半耐寒性多肉植物であるハナキリン(学名:Euphorbia milii)についてお話ししたいと思います。

ハナキリン

ハナキリン

トウダイグサ科ユーフォルビア属には、冬の定番植物であるポインセチア(学名:Euphorbia pulcherrima)のような常緑低木だけでなく、ハナキリンのような小さな花を咲かせる多肉植物もあるんですよ。

ハナキリンをよく見てみると、葉腋から花茎が1本伸び、その3cm~4cmのところでまた2本に分枝して、花茎がY字形になっています。そして、その先に2つ美しい花を咲かせます。

ハナキリン

ハナキリン

 

ほんとの花は…

しかし、赤、ピンク、黄色、白などに色づく花びらに見えるものは、実はハナキリンの2枚の苞(ほう)で、本当の花は、苞の中心にある黄色い部分なんです。蕾から2枚の苞が展開する時、中心にある花はまだ緑ですが、苞が大きくなるにつれて黄色くなっていきます。

今、私は薄桃色のヒメハナキリンを育てています。ヒメハナキリンは、普通種のハナキリンより花が小さく、最初の苞が薄桃色に色づき苞が大きくなるにつれ、色も白っぽくなります。

ハナキリン

ハナキリン

ハナキリン

ハナキリン

ハナキリンの育て方・増やし方

そして、ハナキリンの育て方。ハナキリンの原産地はマダガスカルなので、暑さに強く、日向を好みます。冬を越すには5℃以上必要ですから、室内で管理することが必要になります。乾燥に強いので、土の表面が乾いた時に水をやればだいじょうぶです。冬に温度さえ保てれば、一年を通して開花が見られます!

花を増やしたい時には、一般的には挿し木で繫殖させます。枝を切ると、切り口から白い樹液が出るので、肌につけないようにして、切った枝を日陰で乾かしてから、土の中に挿して、発根させてください。

 

ハナキリンの名前の由来

英名は「Christ plant」、「Christ thorn」、「Crown-of-thorn」です。キリストがはりつけになった時、茨の冠がかぶらされたというストーリーに由来するそうです。ほかにも、2枚の苞が人の唇に似ているので、「Kiss-me-quick」というロマンチックな英名もあるんです。

植物の名前もそれぞれの国によって違うのが興味深いですね。

 

(任倩玉) ハナキリン