クリスマスソングに登場するロマンティックな植物が実は……

user   2016年11月21日   クリスマスソングに登場するロマンティックな植物が実は…… はコメントを受け付けていません。

クリスマスまであと1カ月とちょっと。あちこちでクリスマスのイルミネーションが点灯され始めましたね。あちこちからクリスマスソングも流れてきます。

そういえば、クリスマスソングには、ヤドリギがよく登場しますね。

ヤドリギ

ヤドリギ

たとえば、有名な「ママはサンタにキスをした」。

“I saw Mommy kissing Santa Claus.

Underneath the mistletoe last night.”

「夕べ、宿り木の下でママがサンタにキスをしているのを見たわ」と歌っています。

 

マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」でも、

“I won’t ask for much this Christmas.

I won’t even wish for snow.

I’m just gonna keep on waiting underneath the mistletoe.”

「クリスマスに多くのことを望まない。雪が降るのだって望まない。でも宿り木の下でずっと待っているわ」と、言っていますね。

 

ヤドリギ

それは、欧米には「クリスマスにヤドリギで作ったリースの下で出会った女性に、男性はキスをしてもいい、そしてキスをしたふたりは永遠に結ばれる」というロマンティックな言い伝えがあるからなのです。

ヤドリギの下で待ち伏せするかどうかは別にして、今でも欧米では、クリスマスにはヤドリギで作った飾り“kissing ball”の下で、ハグしたり、キスしたりと、愛情や友情を確認し合っているそうです。その情景を思い浮かべるだけで、なんだか心がホッと温かくなってきます。

 

しかし、ヤドリギを漢字で書くと宿り木(寄生木)。ロマンティックな言い伝えからはちょっとかけ離れますが、その名のとおり、落葉樹に寄生して、幹から養分を吸い取って成長しています。とはいえ、葉が落ちる冬は、ヤドリギウォッチングに最適な季節でもあります。枝と葉でできた丸いかたまりを枝の上に探すことができますよ。クリスマスリースもいいけれど、自然のなかのヤドリギの下で、好きな人に想いを巡らせるのもすてきですね。

 

ヤドリギ

ヤドリギ

ヤドリギ

ヤドリギ

  • ヤドリギの花言葉:「私にキスして」「困難に打ち勝つ」

 

エバーグリーン編集部オススメサイト

  • ヤドリギの言い伝えについて詳しく知りたいかたに

ヤドリギとクリスマスとキスの関係とは?意味、由来について(クリスマスとイルミネーション情報NET)

  • クリスマスリースを作るなら

【生花】ヤドリギ〔実つき〕つまみ(はなどんやassocie)

 

  • ママはサンタにキスをした

 

  • 恋人たちのクリスマス

 

 

(エバーグリーン編集部 たなかみえ)


ヤドリギ