[ヨモギ]ヨモギとミツロウでハンドクリーム作り体験|キク科ヨモギ属|エバーグリーン

user   2018年1月15日   [ヨモギ]ヨモギとミツロウでハンドクリーム作り体験|キク科ヨモギ属|エバーグリーン はコメントを受け付けていません。

島根県津和野の中心から少し離れた里山にある医食同源をテーマとしたレストラン「」で、「魔女のくすり箱」というワークショップに参加しました。その昔、魔女は薬をつくる専門家でもあったことから、自然の養生を学ぶワークショップのシリーズ名にしたそうです。今でも、容姿が若々しく美しい中年女性は「美魔女」と呼ばれていますが、昔も薬をつくる魔女は若々しかったのかもしれません。

講師は、自然療法を学び自然育児を実践されてきた増成明子さん。13年前に横浜から島根県の山間の村に移住され、羊を飼い、田畑を耕して暮らしていらっしゃいます。

ワークショップでは、ヨモギオイルとヨモギのハンドクリームを作りましたので、その様子をお伝えします。

 

ヨモギの効能とお茶

まずは、ヨモギの効能を聞きながら、よく洗って水を切って1日天日干しにしたヨモギの葉を小さくカット。

ヨモギの効能は、身体を温める、血行促進、デトックス作用、抗菌、婦人科系の症状の改善、美肌、代謝促進、抗アレルギー、抗アトピーなど、数えきれないほどあるそうです。

ヨモギの下準備

ヨモギの下準備

 

ヨモギ茶もいただきました。味も香りもクセがなくて飲みやすいです。ヨモギ茶は、ヨモギの葉を蒸してアク抜きをしてから、2〜3日乾燥させたものを煎じてお茶にしたものです。3月~4月の新芽ならアク抜きをしなくても飲めるそうですが、その時期を過ぎると渋いのでアク抜きをします。

ヨモギ茶

ヨモギ茶

 

ヨモギオイル作り

まずは、ヨモギオイル作り。酸化しにくい油をつかうことが重要なので、今回は、太白胡麻油を使いました。

1. キュアリング(加熱処理することで不純物を除去し浸透性を高める)

湯せんで加熱し、90度になる手前で火からおろす

キュアリング

キュアリング

 

2. 耐熱容器に油と下準備した葉を入れる(ひたひた程度)

3. 1時間程度、湯せんにかける。湯の温度を70度くらいに温度を保つ

4. こす(布袋やペーパーフィルターで)

 

ハンドクリーム作り

1. 耐熱容器(ガラス瓶)にヨモギオイルとミツロウ、はちみつを少し入れて、湯せんにかけて完全に溶かす

手作りのミツロウ

手作りのミツロウ

 

ミツロウ入りの製品を見たことはありましたが、ミツロウそのものは初めて見ました。

湯せんにかける

湯せんにかける

 

2. 湯せんから出し、表面にまくがはったら、練るようによくかき混ぜる

少し固まってきたハンドクリーム

少し固まってきたハンドクリーム

 

3. 冷えて固まったら完成

ヨモギオイルとヨモギとミツロウのハンドクリーム

ヨモギオイルとヨモギとミツロウのハンドクリーム

 

ヨモギオイルは、ドレッシングなどにして食べてもいいし、肌や髪の毛用のケアにも使えます。ハンドクリームは、もちろん顔にも全身にも使えます。

これで、冬の乾燥を乗り切れそう。

 

おまけ

ハンドクリーム作りおあとは、糧のランチ。

身体が温まるしし肉のカレーと地元で採れた新鮮なお野菜のサラダ

身体が温まるしし肉のカレーと地元で採れた新鮮なお野菜のサラダ

 

身体にやさしいデザートも。

柿のプリン

柿のプリン

 

やさしい甘さで、罪悪感のないスイーツです。

締めは、参加者で足湯。お湯には、粗塩とショウガを入れています。

足湯

足湯

 

心も身体もあたたまる、とっても贅沢な体験でした。

萩、津和野におこしの際は、山里にあるレストラン「」に、ぜひ足を運んでみてください。わざわざ行く価値のある場所ですよ。

 

(田舎暮らし イシダヨウコ)

ヨモギの下準備